ギャンブルを投資にする考え方

公営ギャンブル(ボートレース、競輪、競馬)などは胴元に25%取られるので

負けるのが普通だって思ってる方が多いと思います。

ですが、考え方によっては投資として儲けることができます。

1つ目(同じ金額をかけて利益を出す方法)

1つ目は、的中率に対して回収率を合わせるやり方です。

と言われても、ん?ってなるかと思いますので軽く説明します。

では1口100円の券が10%の的中率があるとしたらいくらの払い出しを買っていれば

利益が出るでしょうか?

10回やって1回当たるわけですから、100×10なので平均投資は1000円です、

ということは平均1010円(10,1倍)以上の払い出しがあれば利益がでますね。

的中率10%に対して回収率10,1倍以上で利益

それが的中率と回収率を合わせるということです。

当然ですが、合わせるには相当の知識が必要になります。

今後、ギャンブルで勝ちたいと思う方はこの考え方を

軸にしてしっかり的中率を出して回収率を合わせていきましょう。

2つ目(お金持ちしかやってはいけない)

2つ目は的中率重視の買い方です。

これは簡単で当たるたびに利益がでるように買うだけです。

例えば、1回目1000円かけて外れたらその次は1000円+今回の投資分が返ってきて

なおかつ利益が出るように買うということを繰り返し、当たったら初めに戻りましょう。

ですから的中率がすごい大事になります。一番大事なのは資金ですが。

大きくかけてオッズが下がるようになることもあるので注意しましょう。

1回当たった時の利益を統一しておくといいと思います。

注意点としてこれは普通の人がやると破産する可能性があるので

1000万以上は投資として使えるという方しかやってはいけません。

おまけ「人の予想は買わない方がいい」

これを読む皆さんの中には予想買ったりしてる方などがいるかもしれません。

ですが、よく当たる予想ほど投資としては勝てない可能性が高いです。

それに当たって勝っている人が、わざわざ予想を売る必要はない…ですよね?

買う買わないは自由ですが、参考にするという程度にしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です